さかたんのマジ戯言

情報をシンプルにまとめて提供していく、皆さんの時間損失をなくす、そんなサイトを目指しています、所詮は人の戯言だけど。

Marriot Bonvoy Elite & SPG Card

 ぼくがお勧めするクレジットカードとMarriot Bonvoy、これについてまとめます。様々なかたがまとめていますが、このページもみなさんの役に立てるとこれ幸い。

20200314 1st entry

Marriot Bonvoyとは

マリオットインターナショナルが提供する会員プログラムです*1。貯めたポイントでホテル宿泊ができます可能。利用状況に応じた会員ランクがあり、上級会員になると客室の無料アップグレードやポイントボーナスなどの特典があります。

f:id:rskat:20200314122428p:plain

マリオットインターナショナルのブランド

国内の対象ブランド

関東
その他

会員制度

宿泊日数に応じて、通常会員からアンバサダーエリートという会員まであり、上級エリート会員になるほど様々の特典がついてきます。

通常会員は当然特に特典はありませんが、シルバー、ゴールド、、、と上がる毎に特典の幅が広がります。それぞれの会員になるためにはゴールドエリートの場合年間25泊、2週間に1泊しないといけないので、たまにしか宿泊しない方にとってはハードルが高いですね。

f:id:rskat:20200314123752p:plain

通常会員からチタンエリートまでの特典

それを解決できるのが SPGカード と プラチナチャレンジ  になります。後述します。

SPGカード

SPG(Starwood Preferred Guest) Amex はAmerican Expressが発行するゴールドカード相当のクレジットカードです。

特徴、特典、メリット

  • 100円につき3 Marriott Bonvoyポイント貯まる(3ポイント=1マイル相当)

  • ポイント有効期限が実質無期限(最後のカード利用/ポイント利用から2年間)

  • Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格付与

  • アジア太平洋知識の特典参加ホテル内レストラン飲食代金15%オフ

  • カード更新時に無料宿泊特典*2(交換レート50000 Marriot Bonvoyポイント分の宿泊、1泊2名)

  • カード継続で5日分の宿泊実績付与

マイル移行も可能(マイル還元率実質1.25%(60000ポイント⇨25000マイル))なので、旅行好きのマイラーの方にもおすすめ。

デメリット

年会費が31000円 (+税)かかることです、普通のゴールドカード比較するとかなり高額。ただ更新タイミングで無料宿泊特典と実質相殺できるため、デメリットとしてカウントする必要は実はないですね。

もし良ければ

これ、他のサイトのみなさんも散々書かれていることで実に恐縮ですが、紹介制度でSPG Amexを申し込むとメリットあります、お互いに。この記事読んでなかなかいいじゃん申し込んでみるか、と思っていただけたらぜひ私の紹介ってことで申込してもらえると、good for you and also for meなので、よろしくお願いします。 

みなさんには紹介から申し込んでもらえると6000Marriot Bonvoyポイント分追加でもらえます。

forms.gle

プラチナチャレンジ 

通常プラチナエリート資格を得るには1年に50宿泊する必要があります(週1宿泊ってことですね)。SPGカードを作りコツコツ50泊しても良いですが、プラチナチャレンジでプラチナエリートになれれば、17泊以降はプラチナエリートとしての特典を享受できるということができます。

プラチナチャレンジ とはある期間中(チャレンジ開始月+3ヶ月)にマリオット系列ホテルに16泊するだけです。とプラチナエリート資格が獲得できます。プラチナチャレンジ ですることはこれだけ。

① Marriot Bonvoyのカスタマーエンゲージセンターに電話する

  • 電話番号は 0120 925 759
  • 宿泊に関する問い合わせからプラチナチャレンジ申請を行う

② プラチナチャレンジ開始日から翌3ヶ月間の間に有償でホテルに16泊する

  • 公式ページ経由で予約して有償にて宿泊 

注意点としてプラチナチャレンジ はひとり1回しかチャレンジできないということです。また、1月中に達成してしまうとその年しかプラチナエリート資格が有効ではないようなので、プラチナチャレンジ達成は2月以降になるように調整してくださいね。

参考リンク

Marriot International ブランド

www.marriott.co.jp

ブランドサイト(SPGカード)

www.americanexpress.com

 

用語解説

脚注としてまとめています。

*1:Mariott Bonvoy: 年会費無料、こちらから申し込みができます⬇︎

Marriott Bonvoy に入会する

*2:無料宿泊特典: 最大カテゴリ7のホテルまで狙えます。カテゴリ7となると東京だとウェスティン東京が該当します。

f:id:rskat:20200314134748p:plain

ポイント交換表

https://www.marriott.co.jp/loyalty/pointsGridPopUp.mi